札幌市清田区真栄の、コミュニティー予防歯科プラザ真栄は、予防歯科に取り組む。

FrontPage

予防歯科とは

 歯科における2大疾患は、虫歯歯周病です。

 予防歯科とは、むし歯や歯周病の予防を目的とした専門外来のことです。

 最近では、単に病気を予防して、ならないようにするというだけでなく、病気の進行に応じた処置も含め、病気の各段階から健康レベルに戻そうとする全ての行為を指します。

 虫歯、歯周病になったら、単に治療すれば良いと思われる方が多いのではないでしょうか。

 しかし、たとえ歯科医院を受診し、虫歯と歯周病の最新治療を受けたとしても、完全に元の健康状態には戻せません。

 スウェーデンなどの北欧では、80歳で20本の歯を残している人が非常に多いです。
 それに比べ、日本人は毎日歯磨きをしているのに、残っている歯の本数は、80歳で平均5本です。

 この違いは“磨いている”と“磨けている”の大きな違いにあります。

 一度、歯医者さんで正しい歯の磨き方の指導を受けましょう。

 さらに、世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率が大人で80%以上あり、子供にいたっては100%近くが定期検診を受けています。

 他の先進諸国でも70%ほどの受診率が一般的になってきました。 

 先進国ではこのように歯科に対する関心が高いのに対し、日本では驚くことに、10%以下の定期検診受診率です。これでは虫歯や、歯周病が悪化してしまうのも当然です。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional